Story

みなさん、こんにちは♪

ボクはかいらし堂の元祖、初代「リンちゃん」です。
今日はかいらし堂がリンちゃんを発売するまでのストーリーをシェアしますね。

小さな頃からおさるさんに深い思い入れがあった、かいらし堂のオーナー通称「パパ」は、タイのバンコクでボクと運命の出会いをしました。
その時にタイ語のおさるという意味の「Ling」という名前をつけてもらいました。

パパに出会ってすぐボクは日本に来ました。
色々あってかいらし堂のママのいる京都に落ち着き、今ではすっかり京都人。(のつもり)

嵯峨野で信楽のたぬきさん達に出会いました

 

そんなある日、 instagram® を見たフォロワーさんから「リンちゃんが欲しいのですがどこで売っていますか?」と聞かれました。
その時はまだ日本でリンちゃんは売られていません。
他にも数人から同じ事を聞かれたので、ボクとパパは考えました。

リンちゃんを欲しいという人がいるのに入手困難なのはどうしたらいいのかなぁ? そうだ! だったらボク達が橋渡し役を引き受けよう!

という訳で、リンちゃんの個人輸入が始まったのです。(これが結構大変な道のり)

初めまして、ぼくリンちゃんです

 

最初は簡単に考えていたボク達、早速バンコクのお店に問合せました。が、残念ながらメーカーにも在庫が無いという答え。そこでまた作ってもらえるように直接メーカーに頼んでみました。
ところが、相手にされていないのかお国柄なのか返事が来ず・・・
英語でダメならタイ語で・・と、何度も何度もしぶとくコンタクトを取り続けること半年、やっと相手からOKの返信がきました。

やった!これで作ってもらえる!
しかし喜びもつかの間、またコンタクトが途切れ途切れになってしまいました。

話が進んだと思えばまた途切れるという繰り返しで、なかなか思うように進みません。そこでボク達は意を決して現地まで直談判しに行きました。

これが手水鉢か・・にゃるほど

 

いざ行ってみると、メーカーの担当者は愛想も良く親切な人。
(本当に来ると思ってなかったらしい?)

やっと具体的な話がまとまりました。

ただその時点で、最初に考えていたよりも事は大きくなっていました。
なにせリンちゃんを生産するところから始めなければならず、注文ロット数も大きな数字なのでかなり覚悟がいりました。インスタで要望があったとはいえそれは数人のこと。大丈夫なのかな??ほんとにいいの??と自問。

でもそこはもう乗り掛かった船、後には戻れないよ・・、やるしかない!

そういうわけで、プロジェクトは約1年かけて進んできました。
最後の最後の難関(ぬいぐるみ輸入に必須の食品衛生法の検査やタイ国王の突然の崩御で流通ストップなど)それもなんとかクリアして2016年11月ボク達のもとにリンちゃんが届きました。

やっとの思いで日本にやってきたボクの兄弟たち、会えばきっと皆さんを笑顔にしてくれると思います。

そんなこんなでボクとパパはママの協力の下「京都かいらし堂」を立ち上げました。

ボクのインスタを見て、「可愛い」「欲しい」と言ってくれた人に感謝しています。

そして、ボクの販売に協力してくれている京都四条河原町の「ネオマート」さんにも感謝しています。

現在ボク達は、リン・ベイビーリン・ミニリンの3兄弟のラインナップ。
よろしくお願いしますね♪

M ・S ・ ミニ